○ プロフィール

Cat's whiskers

Author:Cat's whiskers
ロンドン在住
猫とヴィンテージ雑貨とカメラが好きです

VQ1015ENTRY改造ファーム配信中です。

メインブログ: ロンドン下町暮らしのスタイル帖

○ タグ
○ カテゴリー
○ カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索
FC2 Conter
RSS
Link
Latest journals
Latest comments

2011/08/18//Thu * 18:30
○本と写真の時間 / LT-DC100

月曜日に電気の配線工事がありまして、電気が使えないのに家にいなきゃいけなくて、
室内で写真撮ったり、久しぶりに本を読んで過ごしました。
1108140001.jpg
LT-DC100
この日読んだのは藤田一咲著「猫と写真の時間」、
最後に出てくる「ブラックの物語」は悲しすぎて読みとばしてしまう。
朱川湊人著「かたみ歌」はどの話もあたたかく、切なく哀しい短編集です。
友達から借りっぱなしのyom yomからはほしよりこさんの絵日記だけ。

あとは冷蔵庫の霜取り。。。。。
うちの冷蔵庫はいまだに定期的に霜取りしないといかんのです。
知ってる?霜取り。
Related Entries



Comments on this preview ○   

○ 2011/08/18 21:10
ゆったりとした時間だったんじゃないですか。
パソコンなどから離れて過ごすと、なんとなくそれだけで
有意義な時間を過ごしたような気がするのはわたしだけでしょうか。

藤田一咲さんって名前もすてきですね。
学研フレックスの号にもすこしだけ出ておられましたね。
小説もお書きになるんですね。

霜取り、もちろん知ってますよ、奥さん。
しかもやってますよ、奥さん。
悠長な作業ですよね、あれも。
そろそろやらねばなりません、うちも。

ハリーナAIさんは出動中ですか。
うちのローライさんもそろそろ出動してもらわないことには、ねえ。
フィルムつめてカウンター3で止まってます。

今日は大和光機のパルJrの現像上がりの日で
楽しみにしていたら、フィルムブランクでした。大ショック。
なんか巻戻しの時に、えらいすぐに巻戻ったなあ、と嫌な予感は
したんですけど、あえてそれを忘れようと・・・。
一緒に出したプラクチカLTLのフィルムも何だか
以前に他のカメラで撮った被写体と似たようなショットが
多くてがっかり。ミノルタのカメラに入ったいたと書いていたフィルムも
実は何も入ってなくて、36枚目まで巻き上げても止まらないので
まさかと裏蓋あけたら、ご名答。からっぽちゃん。アホですな。
幻の名ショットたちでした・・・。家にあった最後の35mmフィルムを
とほほ気分でつめたのでした。

ああ、長くなりました。このどうしようもない話しの顛末。
すいません。へこみ。

○ 2011/08/18 21:43
>レンズ豆さん
そうなんですよねー。
時間が無くてメールチェックできないとかだと焦るんですけど、
どうせPC使えないっていう状況だとなんか妙に気が楽っていうか。
時間が長く感じました。

藤田一咲さんの本は写真と猫に関するエッセイです。
たぶんこの方だったら書けちゃうと思いますけど、
小説としての著書は今のところ出てないと思います。。。たぶん。
この方の文章好きなので何冊か持ってます。
写真もたくさん載ってるしいいですよー^^。

パルJrは全滅ですか?それはショック。。。!
フィルム装填が難しそうなんでしたよね。
ミノルタは空のパトローネだけが入ってたってことですか?
なんか重なりましたねー。^^;

実は私もポカやってました。
カーブーツセールで買った中判のトイカメラなんですけど、
4X4用の赤窓のカウンター見ながら巻き上げていて。。。
両側が全部重なって645サイズになってることでしょう。
ホルガでは逆をやったので同じ失敗の2回目です。
私も現像のたびに何度ガッカリしたことか。。。
ホルガなんか毎回でしたし。
後になれば笑い話ですよ^^。がんばりましょう~!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://nekohigephoto.blog.fc2.com/tb.php/218-e4b98905

[TOP]
copyright (C) 2006 ねこひげ写真冊子 all rights reserved. [ template by *mami ]
//